複合機リースならコピー機リース比較君   >   

最新情報・レポート > 

節税としてのリース契約

最新情報・レポート

節税としてのリース契約

オフィスにコピー機や複合機を導入する際、リース契約がオススメされる理由の一つに、リース料金を必要経費として計上することで税金を安く抑えられる場合がある、というものがあります。
必要経費とは業務を行うにあたって必要になる機材などを購入した費用分を、法人税や所得税の課税対象から控除できる制度です。例えば1000万円の収益を得た法人が、その収益を上げるために機材や交通費などで100万円を使っていた場合は、その100万円分については課税されないことになります。 タイトルの通り、リース契約で業務に使うコピー機を導入した場合、そのリース料については必要経費として課税対象から控除しても良いとされているのです。
コピー機を「購入」した場合は、コピー機という「資産」を得たという扱いになるため、そのままだと必要経費として計上することができません。減価償却という別途の計算を経たうえで、必要経費として税務局に申請することとなるため、事務上の手続きが多くなりがちです。また、コピー機を資産として扱う以上、固定資産税の支払いが必要な場合もあります。

リース契約であれば、コピー機の所有権はリース元の会社にあるため、コピー機分の固定資産税を節約できる可能性があります。 当サイトではご予算に合わせたさまざまなリース会社をご比較いただけます。絶税を目指すうえでも、是非コピー機のリースをご検討ください。
  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

無料一括お見積りはこちら

STEP1 契約形態を選択

STEP2 都道府県を選択

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-715

営業時間10時~20時

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

クイックお見積り

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

コピー機リース比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

  • 0120-949-715 携帯電話・PHSもOK