コピー機の歴史と原点|コピー機、複合機のリース一括見積比較サイト

最新情報・レポート

コピー機の歴史と原点

現代にとって、仕事をする上でコピー機は必需品となってきました。カラーコピーの色彩がどんどん鮮やかになってきており、機能も多種多様でどのコピー機がいいのか迷ってしまうくらいです。 このコピー機ですが、いつ頃発明されたのでしょうか。
コピー機の原理は、1937年にアメリカのカールソンと言う人によって発明されました。硫黄を溶かして金属の板に塗って、それを木綿のハンカチでこすって硫黄に静電気を発生させました。その上に透明なガラス板を置いて黒インクで文字を書き、上からランプで光を当て、ガラス板を取り除き、硫黄の表面に粉末をふりかけました。すると粉末像を作る事が出来たのです。それを粘着性のあるものを塗った紙に押し付けて、粉末像を紙に移す方法で紙に粉末の「像」を映し出しました。これがコピー機の基本的な技術の原点になっています。
1944年からコピー機の開発に向けた研究開発が、アメリカで開始しました。その後、1950年に最初の白黒コピー機が商品として発売されました。この時は手動で、白黒のコピーを作り出すので1枚コピーを取るのに2~3分もの時間がかかっていました。更に1959年に初めて全自動の白黒コピー機が商品化され、こちらは1分間に6枚コピーが取れるアナログコピー機が誕生しました。
1972年には普通の紙にカラーコピーが取れる様になり商品化されました。更に1987年にデジタルカラーコピー機が商品化され、普及していったのです。
カールソンがコピーの基本的な原理を発明してから実に70年近くです。先人の方の発明を進化によって今日の便利なコピー機が存在しているのです。 そのコピー機も今やリースが出来る時代になりました。コピー機のリースをお考えの際には、業者へ相談してみましょう。
  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

無料一括お見積りはこちら

STEP1 契約形態を選択

STEP2 都道府県を選択

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-715

営業時間10時~20時

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

クイックお見積り

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

コピー機リース比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

  • 0120-949-715 携帯電話・PHSもOK