複合機リースならコピー機リース比較君   >   

最新情報・レポート > 

インクにも向き・不向きがある!顔料インクと染料インクの違い

最新情報・レポート

インクにも向き・不向きがある!顔料インクと染料インクの違い

インクにも向き・不向きがある!顔料インクと染料インクの違い

 

ご家庭やオフィスなどさまざまな場所でお世話になるコピー機。「写真や画像を印刷する場合」と、「プリントや書類を印刷する場合」、どのコピー機が最適なのか悩んだことはありませんか?コピー機はインクを使って印刷をおこないますが、そのインクは大きく「顔料インク」と「染料インク」の2つに分かれます。実は、「そのコピー機にどのインクが搭載されているのか」が、印刷物の出来に大きく関わってくるのです。

今回は、そんな印刷物の命運を左右する「顔料インク」と「染料インク」の違いについて簡単にご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

顔料インクの特徴


●用紙の表面に付着する

用紙の表面に付着するため、幅広い用紙に美しくプリントできます。マット系用紙、ファインアート紙など、さまざまな紙にプリントしたいという方に適しています。

●安定が速く、鮮やかに発色する

プリントしてから安定するまでが染料インクよりも早く、その間の色の差も少ないといわれています。レタッチやテストプリントをする際には大変便利な特性です。

●光や水に強く、にじみがほとんどない

どんな光源の下であってもある程度一定した色で見えるようになっているため、ギャラリーや壁などに展示するレベルのプリント品質が得られるでしょう。

 

デメリットとしては、インク数が少ないと画質が粗くなりがち、粒子が大きいため染料インクに比べてノズルが詰まりやすい、染料インクに比べてコストがかかることがあります。写真であれば立体的な画像も鮮明にプリントすることが叶いますが、インクの本数が少ないプリンターだと逆に画質の粗さが目立ってしまうことがあります。また、染料に比べてインク粒子が粗いことから、プリンターの未使用期間が長いと目詰まりを起こしやすくなってしまいます。

 

 

 

 

染料インクの特徴


染料インクの特徴<

●染料インクは、用紙に染み込んで定着する

用紙に染み込んで定着するため、印刷表面が滑らかで、用紙のもつ光沢感を活かすことができます。光沢系の用紙を使うことが多い、光沢感を重視する方に適しています。

●色調、発色が繊細で、プリント速度が速い

プリント直後と乾いた後では色の見え方が異なりますが、プリント速度自体は速いです。色再現の精度よりもプリント速度を優先する方には適しているでしょう。

●ダイレクトな印刷が可能

染料プリンターのほとんどは日常的な使い勝手や多様性が重視されてつくられているため、スキャナーやコピー機能が搭載されているものや、パソコンを隔てることなくダイレクトにプリントできるものなどがあります。

 

デメリットとしては、水に弱く印刷物が濡れるとにじむことがある、普通紙に画像を印刷すると丸まってしまう、手などにつくと落ちにくいことがあります。A4普通紙に印刷したときにクルクルと丸まってしまうのは、紙内部に染料インクが染み込んでいるからなのです。紙に浸透する分、手などにつくと皮膚に染み込んでしまうということでもあるため、落とすのが大変ということにもなります。

 

 

 

 

利用目的に注目してコピー機を選ぼう


使用するインク顔料インクか染料インクかによって仕上がりが全く異なります。そのため、自分がどのような印刷をしたいのかを考えてコピー機を選ぶ必要があります。

手軽に使いたい場合は染料プリンターを、製作したい場合は顔料プリンターを使用するのが適していると言えそうです。年賀状、地図、料理のレシピなど、写真や画像をプリントするなら、繊細な色で再現力の高い顔料プリンターを使用しましょう。逆に、レジュメやビジネス用途など、書類を多く速くプリントするなら、くっきりとした文字でプリント速度が速い染料プリンターを使用しましょう。

また、「インクカートリッジ」のほか、「トナーカートリッジ」というものがあります。

トナーカートリッジは、インクカートリッジに比べて単価が高く、長期間保管がきかず、気温や湿度の影響で劣化しやすいという特徴がありますが、容量が大きいため大量印刷の時間やコストを大幅に削減することができます。使用用途によってもこの2つのどちらかにするか決めてもよいかもしれません。

 

 

 

 

いいとこ取りできるインクカートリッジのコピー機


いいとこ取りできるインクカートリッジのコピー機

インクカートリッジとは、カートリッジの中に液体状のインクを詰めているものです。そのインクが印刷用紙に吹きかけられることにより文字や色が印刷されます。

用途に合わせ、顔料インクと染料インクのいいとこ取りができるのがインクカートリッジのコピー機でしょう。インクカートリッジは、顔料インクと染料インクの使い分けにより、幅広い印刷に対応することができるという特徴があるのです。

にじみが少なく、耐久性・耐水性のある印刷をしたい場合は、顔料インクを使用します。染料インクに比べ、顔料インクの乾きは速く、紙に対する色の安定性が高いため、すぐに色味を確認したいときや長期間保存したいときに適しています。環境光による見え方の影響が少ないため、ギャラリー展示に向いています。

発色が良く、光沢のある印刷をしたい場合は、染料インクを使用します。染料インクは、乾くまでに多少時間はかかるものの、色の再現度が高く、発色や色調がきれいに出るため、時間をかけた写真印刷に向いています。用紙の持つ光沢感を活かせるため、光沢紙と相性がいいです。

 

 

 

 

まとめ


さて、顔料インクと染料インクの違いはお分かりいただけたでしょうか。

顔料インクプリンターは、「用紙の表面に付着する」「安定が速く鮮やかに発色する」「耐光性や耐水性がある」といった特徴があります。一方で染料インクプリンターは、「用紙に染み込んで付着する」「色味が繊細でプリント速度が速い」「ダイレクトな印刷に対応している」という特徴がありました。

顔料インクと染料インクの使い分けができるインクカートリッジプリンターは、それら2つのいいとこ取りができるコピー機といえます。

ご自身の使用目的や、印刷用紙に合ったコピー機を選ぶようにしましょう。
  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

無料一括お見積りはこちら

STEP1 契約形態を選択

STEP2 都道府県を選択

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-715

営業時間10時~20時

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

クイックお見積り

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

コピー機リース比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

  • 0120-949-715 携帯電話・PHSもOK